「ベル」とか「べるふぃ〜る」とか「ありすれいん」とか名乗ったり呼ばれてたりします。
日常のことやアニメ、本の感想、チョコレート関係などテキトーに書いてます。それと百合はいいものです。
かつてはトリックスターのJ鯖で遺跡入り口を占拠していました。
現在ダクソ3に出現中。
変な読み物書いたり、落書きしたりもしてますが上達する気配はありません(´・ω・`)
こんなブログでよければ相互リンク募集しております。
なにかあればコメント下さい。
「ふわふわの物置」は読み物などを置いている場所です。

2016/02/14 チョコ色インバウンド(小説家になろう)
2015/09/01 夏色インバウンド(小説家になろう)

管理   管理   ■ふわふわの物置 ■ツイッター ■小説家になろう  ■ブログ補助  ■リンク ◆登場人物◆

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

最近の記事
カテゴリー
過去記事
トラックバック
QRコード
qrcode
ADMIN1.0
RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM このページ内におけるCorumOnlineから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、CorumOnlineに帰属いたします。(C) Copylight Corum Online All Rights Reserved.
スポンサー

■バイオハザードIII
総合評価:C
[内容]
アンブレラの詰めは甘く、世界へと広がってしまったT-ウィルス。
感染者が爆発的に増えると同時に、何がどう影響したのか、世界全土で砂漠化が進む。
世界の機能は停止し、生き残った人々は食料も燃料も武器もないような状態の中必死に生きていく。

IIの最後でアンブレラの施設から逃げ出したアリスは、
アンブレラの監視を逃れるため、衛星の軌道を読みながら一人で移動を続けていた。
そして偶然に赤いノートを発見する。
そこにはアラスカには感染者がいないと記されていた。

アリスは一人、アラスカを目指そうとするが、運悪くアンブレラに発見されてしまうのだった。


[感想]
ゲームのバイオハザードはPS版の最初のやつだけしか知らないのですが、
劇場版のIとIIを観た私としては、
IIIは規模大きくなりすぎていて何か違うと思いました。
同時にパワーアップしすぎている主人公に、う〜ん……あれはやりすぎと思わずには( ̄~ ̄;)
バイオハザードって感じじゃないんですよ。
どちらかと言えば、デビルメイクライ? 流石にそこまでは……。

アリス

あの博士、あっさり死んでしまって……なんとも。
もうちょっとアリスと死闘を繰り広げてくれもよかったのでは。
というか、トドメはアリスにさしてほしかったです。

最後あんなふうにした以上、バイオハザードIVはないかも(-.-;)
あったとしたら、凄いカオスになるか、さらに一歩先に進んでしまうかのどちらかでしょうね。
ところでジルはどうなったんですか?
そう考えるとやっぱりIVあるかも……。

■コードギアス反逆のルルーシュR2
前作と比べてゼロが卑怯だったり、感情的だったりして、
序盤からカオスというか、無茶苦茶な展開だったR2。
オレンジ再登場辺りで、えええっ!?な事態は終了するかと思ったのですが……。

ジェレミア卿

●マオ以来のギアス持ち登場
●ナナリー総督就任
●2人目のルルーシュ(咲世子)
●復活のジェレミア(+ギアスキャンセラー)
●シャーリー死亡
●ジェレミア卿の裏切り
●コーネリア再登場……よりも個人的には地味にしぶとかったバトレーかも
●不死身になる皇帝
●C.C.記憶喪失
●ナナリー死亡(?)
●ゼロを切り捨てる黒の騎士団
●まさかのマリアンヌ(?)登場
●皇帝を暗殺しようとするスザク

思いだしただけで、こんなに(^^;
最後のスザクなんて、本当にまさかの展開ですよ。
終わりが近くなってきましたが、意外とまとまりそうですね。
|映画 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

<<back|<12

プロフィール
コメント
落書き倉庫


ブログパーツUL5