「べるふぃ〜る」とか「ありす」とか名乗ったり呼ばれてたりします。
日常のことやゲーム、アニメなどテキトーに書いてます。
かつてはトリックスターのJ鯖で遺跡入り口を占拠していました。

2016/02/14 チョコ色インバウンド(小説家になろう)
2015/09/01 夏色インバウンド(小説家になろう)

管理   管理   ■ふわふわの物置 ■ツイッター ■小説家になろう  ■ブログ補助  ■リンク ◆登場人物◆

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

最近の記事
カテゴリー
過去記事
トラックバック
QRコード
qrcode
ADMIN1.0
RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM このページ内におけるCorumOnlineから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、CorumOnlineに帰属いたします。(C) Copylight Corum Online All Rights Reserved.
スポンサー

■マップ→戦闘でBGMを継続する方法
ツクール200xでは簡単にできたこれ。VXだとイベントのみでは実行できません。
Scene_Mapの202行目。

RPG::BGM.stop

これを#RPG::BGM.stopのようにコメントアウトするとマップ→戦闘でBGMが途切れません。
ただし戦闘終了時のMEはなります。

■戦闘→マップでBGMを継続する方法
上の拡張みたいなものです。ただMEをなしにすると、MEがならずにマップのBGMがなりますが、
戦闘のBGMとマップのBGMが同じでも仕切り直しになってしまいます。なのでこの方法で恐らく継続できます。
Scene_Battleの586行目から589行目。

 RPG::BGM.stop
 $game_system.battle_end_me.play
unless $BTEST
  $game_temp.map_bgm.play

ここを次のようにコメントアウトします。

# RPG::BGM.stop
# $game_system.battle_end_me.play

unless $BTEST
#  $game_temp.map_bgm.play

これで継続してくれるはず。
「マップ→戦闘」と同時に使用した場合は完全にうまくいきました。
マップのBGMと戦闘のBGMが違う場合は、戦闘開始時及び勝利時、逃走時にBGMが切り替わります。
イベントで戦闘が強制終了した場合も私が確認した限りではうまくいきました。

■手抜き変数ショップ
スクリプトをちょこっと改造して、変数ショップを作成します。
ここでは変数2番の「おおきなメダル」交換ショップを作成することにします。(変数[0002:おおきなメダル])
まず最初に、スクリプトの▼ モジュールの一番上にある「Vocab」。
その一番下に、
# G (通貨単位)
def self.gold
return $data_system.terms.gold
end

というのがありますので、これをコピーして、

return $data_system.terms.gold
end

の下に貼り付けます。そして以下のように変更。

# G2 (通貨単位2)
def self.gold_2
$gold_2 = "枚" #枚の部分はGのかわりの通貨単位を自由に指定ください
return $gold_2
end

次にWindow_Baseの405行目。

def draw_currency_value(value, x, y, width)
cx = contents.text_size(Vocab::gold).width
self.contents.font.color = normal_color
self.contents.draw_text(x, y, width-cx-2, WLH, value, 2)
self.contents.font.color = system_color
self.contents.draw_text(x, y, width, WLH, Vocab::gold, 2)
end

というのがありますので、これをこう書き換えます。

def draw_currency_value(value, x, y, width)
if $game_switches[n] == true #ゲームスイッチ[n]番がONの時という意味なので、nにはスイッチの番号を入れて下さい
cx = contents.text_size(Vocab::gold_2).width
else

cx = contents.text_size(Vocab::gold).width
end
self.contents.font.color = normal_color
self.contents.draw_text(x, y, width-cx-2, WLH, value, 2)
self.contents.font.color = system_color
if $game_switches[n] == true
self.contents.draw_text(x, y, width, WLH, Vocab::gold_2, 2)
else

self.contents.draw_text(x, y, width, WLH, Vocab::gold, 2)
end

これでゲームスイッチ[n]番がONの時にショップを開くと、
本来の通貨単位のかわりにG2(通貨単位2)で設定した単位(枚)が表示されます。
if $game_switches[9] == true のように表記します。
次にイベントを設定します。ここではスイッチ9番がONの時とします。

スイッチの操作:[0009:変数ショップ] = ON
変数の操作:[0001:所持金一時保存] = お金#変数1番に所持金を代入
所持金の増減: - 変数[0001:所持金一時保存] #所持金を0にします
所持金の増減: + 変数[0002:おおきなメダル] #所持金におおきなメダルの数を代入
変数の操作:[0002:おおきなメダル] = 0 #おおきなメダル(変数)を0にします
ショップの処理:[オリハルコンの剣]
:         :[オリハルコンの盾]
変数の操作:[0002:おおきなメダル] = お金
所持金の増減: - 変数[0002:おおきなメダル]
所持金の増減: + 変数[0001:所持金一時保存]
変数の操作:[0001:所持金一時保存 = 0
スイッチの操作:[0009:変数ショップ] = OFF

通貨単位を変更して、一時的に所持金と変数の値を入れ替えているので、見た目的には変数ショップの完成です。
ただしアイテムを売れないようにしてください。
おおきなメダルが増えてしまいます。

◆JUGEMテーマ:RPGツクールVX

|私的メモ | 22:50 | comments(4) | trackbacks(0) |

■同じカテゴリーの最新記事

|- | 22:50 | - | - |

コメント
ぜひともツクールメモにまとめてくれ。
いや、VXは別枠か…?
| ガラスの氷 | 2010/04/09 4:30 PM |
では時間が取れ次第まとめてみますね。
基本的にコピペですけど、他にネタがあれば追加しておきます。
| べるふぃ〜る(りふぃ) | 2010/04/09 8:08 PM |
うまくいかないのですが、エラー出ます
ほんとにあってますか?
| orennzi | 2015/10/07 4:06 PM |
随分と長い間起動していないので、現在はバージョンが上がって使えなくなっているという可能性もあります。
ちなみにこれはVXのRGSS2ですので、VXAceのRGSS3には未対応です。
あくまでも大昔に書いた私的なメモなので間違っていたとしても修正は行いません。
| べるふぃ〜る | 2015/10/07 11:46 PM |











トラックバック機能は終了しました。
<< セルリアンブルー(14) | main | けいおん!! #1「高3!」 >>

プロフィール
コメント
落書き倉庫


ブログパーツUL5