「べるふぃ〜る」とか「ありす」とか名乗ったり呼ばれてたりします。
日常のことやゲーム、アニメなどテキトーに書いてます。
かつてはトリックスターのJ鯖で遺跡入り口を占拠していました。

2016/02/14 チョコ色インバウンド(小説家になろう)
2015/09/01 夏色インバウンド(小説家になろう)

管理   管理   ■ふわふわの物置 ■ツイッター ■小説家になろう  ■ブログ補助  ■リンク ◆登場人物◆

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

最近の記事
カテゴリー
過去記事
トラックバック
QRコード
qrcode
ADMIN1.0
RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM このページ内におけるCorumOnlineから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、CorumOnlineに帰属いたします。(C) Copylight Corum Online All Rights Reserved.
スポンサー

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | | - | - |


ゴールデンウィークということでボトムズのOVAと劇場版を1日に1つずつ見ていきました!


一番最初に見たのがこれ「ビッグバトル」
OVAとしては二作目で、本編終了直前の出来事です。


フィアナを救うため、バララント製のPSとレッドショルダーとしてのキリコが戦うことになります。
サイボーグ+強化人間なニーバは絶対にイプシロンよりも強いと思いました。
最終的にとんでもない被害が出てしまいましたが、これってキリコが最初のうちに普通にバトリングさえ受けていれば出なかった被害ですよね?
ちなみに3億だったか5億だったかの大金も発生してましたよね?

問題を先送りにすると大きな損失が出るということをボトムズは教えてくれたわけです(絶対に違う



キリコがレッドショルダーに配属された時のお話。
この時点でだと大分キリコは精神的にヤバイですね。障害を抱えてる的な意味で。
本編では自分の過去というよりも、自分がレッドショルダーだったことが障害になっていたというのに。


昔、ボトムズの入隊試験的なものちょこっと見たことがあったのですが、どうやら私が見たのは野望のルーツの新人歓迎の様子だったようです。
基地司令のリーマン少佐は躍起になってキリコを殺そうとします。
しますけど完全に本来の目的(キリコが不死身のわけがないと証明する)を見失って、「キリコを殺す」が目的にすり替わってしまった印象を受けました。


レッドショルダーの総司令、ヨラン・ペールゼン。
この後、キリコ達4人を処分するために最前線に送り込んだのに全員が生存していたことに驚愕することになります。

そしてそして、レッドショルダー内部の問題が露見して軍法会議にかけられることになる模様。
その様子はペールゼン・ファイルズの方で。



2009年公開の劇場版ボトムズ。OVAの総集編+新規カットらしいです。
ペールゼン・ファイルズではATなどがCGになっていてビックリしましたよ!


野望のルーツにもあったレッドショルダーのシーンがCGで再現されております。
スコープドッグの顔が平べったくなりましたね。


今作は他のロボットアニメとは違って「戦争」という感じが強くて、戦闘シーンも多いです。
個人的には雪原での戦闘シーンが最高でした!
他の戦闘シーンもCGで描かれているせいか迫力満点!
……なんですけど、CGのATが移動してる際の土煙とか爆発とかそういうのとのクオリティの差が目立ってしまったのは残念。

しかし、あれね。
女性キャラがまさか一人も出てこないとはビックリよ!!

結局、生き残ったのはキリコのみだったわけですが、ある意味ザキも生き残ったメンバーの一人でしょう?
あれで新兵とか絶対に嘘ですよ。
パーフェクトソルジャーのプロトゼロだったとかそんなオチでは。
ペールゼン自体がザ・ラストレッドショルダーでは例の組織と関わりがあり、フィアナやイプシロンと絡んでるシーンがありますからね。

そして最後がこちら!

野望のルーツに出てきた仲間達と一緒になって、ペールゼンに復讐する話。
時系列的にはウド編が終わった直後ですね。
OVAとしてはシリーズ初なので時系列順だと作画とか設定とか色々とあれですが。


ザ・ラストレッドショルダーではスクラップを組み立てて作ったスコープドッグ改が登場します。
というかキリコ達は全員これね。
当てにならないパーツが50もあるというとんでもw

この機体、後にスコープドッグターボカスタムに改名されている模様。
改とターボカスタム、型番全く同じです。

そんな機体でレッドショルダーと戦って本当に大丈夫なんですか!?
そんな心配する必要もなかったですね。ブラッドサッカーという新型に搭乗しているはずのレッドショルダー達がモブ同然の扱いで消えていく……!

いや、もっと頑張ってくださいよ!!
解体された後に終戦を迎えて再集結した部隊とはいえ、いくらなんでもブランクありすぎるのではないですか!?


ザ・ラストレッドショルダーでのペールゼン。
現役を引退してより老けた印象。

そして、あっさりと死んでしまってビックリよ。
キリコの事を知っているのに殺そうとしますし。
もう歳ですし、ボケてしまったのでしょうか……。


他にもOVAはありますけど、残りはまた今度ということで。
幻影篇に至ってはどこで見れるのか謎ですし……。
|アニメ | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

■同じカテゴリーの最新記事

|- | 19:54 | - | - |

コメント











トラックバック機能は終了しました。
<< ミニスーファミでスーパーメトロイドをプレイしてみました | main | PS2を引っ張り出してみる >>

プロフィール
コメント
落書き倉庫


ブログパーツUL5