「ベル」とか「べるふぃ〜る」とか「ありすれいん」とか名乗ったり呼ばれてたりします。
日常のことやアニメ、本の感想、チョコレート関係などテキトーに書いてます。それと百合はいいものです。
かつてはトリックスターのJ鯖で遺跡入り口を占拠していました。
現在ダクソ3に出現中。
変な読み物書いたり、落書きしたりもしてますが上達する気配はありません(´・ω・`)
こんなブログでよければ相互リンク募集しております。
なにかあればコメント下さい。
「ふわふわの物置」は読み物などを置いている場所です。

2016/02/14 チョコ色インバウンド(小説家になろう)
2015/09/01 夏色インバウンド(小説家になろう)

管理   管理   ■ふわふわの物置 ■ツイッター ■小説家になろう  ■ブログ補助  ■リンク ◆登場人物◆

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

最近の記事
カテゴリー
過去記事
トラックバック
QRコード
qrcode
ADMIN1.0
RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM このページ内におけるCorumOnlineから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、CorumOnlineに帰属いたします。(C) Copylight Corum Online All Rights Reserved.
スポンサー

REDリターンズ、屍者の帝国、ハーモニーと拘束時間の長いものがどんどん出てくる件。
REDは前作が面白かったので是非見たいと思っていたんですよね。
ハーモニーは百合だと聞きました。
屍者の帝国はハーモニーや虐殺器官と同じ作者らしいので、その関係で気になっていました。
つまり見ないで録画を消すのが勿体無いリストに入っているわけです。
まあ、消してもいいかなぁのレジェンドオブチュンリーとは違うんです!
録画リストに残っている中で一番長いのはどうぶつ奇想天外!だったりしますが。これは昔の番組の復活したものなのでちゃんと見ておきたいんです。
しかし長すぎるがゆえにみる時間がとれず今に至ります。

連休さえ、連休さえあれば…!!
連休予定だったはずなのに休日出勤になっているんですよぅ……。
休みが1日あるだけましと言えばましなんでしょうけど……。連休をください。

1話の段階ではけものフレンズは切ってもいいかなぁと思ったのですが、3話まで見てしまうと気になって仕方ありません。
けものフレンズの考察を見てしまったのも原因でしょうね。
アプリ版廃止→アニメ放送→アニメ世界はもしかしたら廃止後のアプリの世界かも!→アニメでアプリ世界が復活→アプリも復活という流れになる可能性があると聞いて、もしも本当にそうなら凄いなぁと。事前に(アニメ制作中に)アプリ廃止が分かっていないとあんな人間のいなくなった後の世界は描けない気がして。

アイドル事変はぶっちゃけ切ってもいいと思いました。
あとはアキバズトリップですかね。作画とノリがどうにもねえ……。

あ、2月10日の銭形警部も気になっています。
これも金曜ロードショー枠なので当然長いです。
いやはや、困りましたね……
時間さえあればプライムビデオの映画もいろいろと見たいのですが、現状では不可能に近いですね。
|映画 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |


総合評価:B+
[内容]
「ジェニシスがスカイネットだ──」

機械と戦争している未来。
抵抗軍のリーダーであるジョンを抹殺するため、スカイネットは過去へとターミネーター(T-800)を送り込み、ジョンの母親サラを抹殺しようと試みる。
サラを守るために過去に跳んだカイルはそこで見たことのタイプのターミネーター(T-1000)と遭遇する。
その頃、何も知らない「か弱い女性である」はずのサラは未来からくるはずのT-800を待ち伏せして瞬殺していた。

[分類]
アンドロイド、機械、液体金属、SF、未来、過去、タイムマシン

[感想]
ターミネーター新起動ジェネシスみました。
最初の方は最高に面白かったのに後半、2017年世界の失速感が半端ないですね。

未来から送り込まれてきたT-800のシーンとかビックリ仰天でしたよ。
あれはターミネーター1にあったシーンですよね。実は私、1と4は見たことありません。
ありませんけど、裸のまま送り込まれたターミネーターがチンピラを殺して服を奪うのでしょう?
カイルの方も同様でズボンを奪って逃走して、警官に時間を聞く。
これがターミネーター1であった出来事のはず。
今作でも同じような流れではありますけど、もう1体T-800が現れたり、敵のT-800が瞬殺されたり、警官がT-1000だったりと驚き要素満載です。
何このターミネーターのファンサービス!! いいですわ、もっとおやり!
そしてそして、T-1000あれどうするでしょうか? と思って見ていたらまさかの方法で撃破。
溶鉱炉にドボンする以外の方法でもちゃんと撃破できたのね。
今作は後に出てくるT-3000も含めて、対ターミネーター用の戦術を駆使しているのが過去作との違いかなぁと思いました。
2のT-1000なんて効かないこと分かっていながら銃撃ちまくっているだけという印象でしたもの。3のT-Xも同様。

ジェニシスを見ていて思ったのですが、警察に扮してサラ達を追跡するのって結構理にかなってますね。
だってテロリストを追跡するパトカーにしか見えませんでしたもの。どうみてもサラ側が悪役ポジション。

ぶっちゃけT-3000あんまり強くないですよね?
どう考えても2のT-1000(液体金属)が強すぎんたんですよ……。
3のT-Xも液体金属ですけど、骨格は変更できないのである意味T-1000の劣化ですし。唯一のアドバンテージが未来武器の持ち込みです。
T-3000は更にバージョンが上がっているはずなんですけど、素体の影響なのか人間味が強すぎて機械的な判断ができてませんね。
余計な感情が邪魔したり、喋り過ぎたりと弱体化する要素満載の上いろんな武器でボコボコにされてます。
あれがT-1000なら少なくともサラ・コナーは殺されていたでしょうし。

そしてラスト。
スカイネット生き残ってるじゃないですかぁぁぁ!!
ジェニシスの本体はもしかしたらサイバーダイン社と共に消え去ったのかもしれませんが、復活は存外すぐかもしれませんね。
これ、新三部作の第一部らしいのですが、液体金属を得てパワーアップしたT-800がなんとかしてくれるのでしょうか?
T-5000(スカイネット本体)よりも強力なターミネーターが未来から現れるのでは?
T-XをT-850が倒していることを考えると、T-5000でもいけそうな気はしますが……また液体金属なんですかねえ。
サラ・コナーを殺すだけなら未来技術で生み出したガンダムみたいなものでも送り込んだほうが確実だと思いました(身も蓋も無い

ところで子供のサラの元にT-800を送り込んだのは誰なんでしょうか?
間違いなく上書きされた時間軸の誰かのはずなんですけど。
ジェニシスを見ていると未来のサラ本人という可能性もそれなりありそうですが。

T-800(敵)は若い頃のアーノルド・シュワルツェネッガーの顔をCGで合成しているとか。
まさかそこまでやっていたなんてビックリですわ。
T-1000(イ・ビョンホン)はセリフもしかして1個しかなかったのでは……。
|映画 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |


総合評価:C+
[内容]
謎の異星人ギタイにより侵略されている地球。
米国からやってきた広報担当のケイジ少佐は将軍とのやり取りの末、逃亡兵扱いを受けて最前線へと送り込まれることとなった。
しかし戦闘経験のないケイジは開戦直後にあっさり戦死してしまう。
気がついたら出撃の前日になっており再び出撃、再び戦死を何度も繰り返すことになる。
ループによって戦闘経験値を獲得していったケイジは一人の女性兵士リタと出会う。

「次に目覚めたら私を捜して」

そしてケイジは戦死する。

[分類]
宇宙人、戦争、ループ、死にゲー(違
|映画 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |


■アナと雪の女王
黒執事観に行った際、予告編として上映されたこれをみて謎の衝撃を受けました。



後に日本語吹き替えの主題歌も聞いてみましたけど、これは英語版+字幕の方がいい味出てますねw
この映像だけ見ると本編も見たくなる……そんな魔力が。

■ES、iPS細胞にに次ぐ、万能細胞STAPの製造に成功!【理化学研究所】
最短2日で形になるそうで今後の医療や「若返り」に期待されています。
いますけど、医療分野に実際に組み込まれてくるのはいつなんでしょうか?
それでもって理論上ではなく、実際にどこまで出来るものなんでしょうか?

それと実行のお値段とか。
実際に使ってみたらとんでもないバグが! みたいな話にならないとも限りませんし。
実用化にはまだまだかかるかもしれませんね。
|映画 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |


■黒執事
総合評価:A
[内容]
世界が西側諸国と東側諸国に二分された世界。
世界統一を目指す西側諸国の女王は諜報役の貴族、通称「女王の番犬」を東側に放つ。
幻蜂伯爵家もそのうち一つである。
しかし幻蜂夫妻は謎の死を遂げ、一人娘は行方不明になった。
……が、後に幻蜂伯爵の隠し子を名乗る「少年」幻蜂清玄が帰還した。傍らに黒き執事を連れて。
叔母の力を借りてあっという間に周囲を纏め上げた「彼」に女王陛下より「女王の番犬」としての命令が下る。
――ミイラ化する謎の変死事件を解決せよ、と。

[分類]
黒執事、あくまで執事、復讐

[感想]
実写版の黒執事を見てきました。
「あくまで執事です」のセバスチャン役に水嶋ヒロ、原作におけるシエルポジションの「坊ちゃん」こと幻蜂清玄役には剛力彩芽。
他キャストやら名前やら設定やらに酷評されていた実写版ですが、実際に見てみると結構面白かったですよ。
主役の二人も役にはまり込んでましたし、動きも鮮麗されてます。私は別にキャストに対して思うところはありませんし。
後半悪魔っぷりがあんまり見えなかったのがちょっと残念ではありましたけど。
設定に色々改変が入ってますけど、一本の映画としてまとめる以上は仕方ないかと。
むしろあのキャストで原作をそのまま実写化されなかったことに安堵。

とはいえ、原作とアニメは違うもの。
原作と実写は違うものと考えられる人じゃないとこういう中途半端に原作要素の入っているオリジナルはダメかも……。

幻蜂清玄の幻蜂ってファントムハイヴを無理矢理日本語にしたものなんですよね。
ファントム=幻影、ハイヴ=ミツバチの巣箱なので。

以下、ネタバレのオンパレード
|映画 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) |


■黒執事
18日公開の映画「黒執事」観たいですけど、公開初日の土曜日はさすがに人多そうなのでどうしようかと……。
その先見にいけるだけ余裕があるのか分からないだけに迷うところです。
ちなみに私はアニメを全話見た程度の知識です。
下手に原作を実写化されるよりは設定を借りたオリジナルの方がマシかなぁと思っているのでこれはこれで。
取り敢えず、黒執事とは関係のない別の映画として観ればきっと楽しめると思いますよ。

■ハル

問題は。手元にDVDがあってもいつ見れるのかということです。
とはいえ一応新年は迎えたわけですし、近々見ることはできるでしょう。
本当は劇場で見たかったのですが、その頃は時間の都合がつかずに断念しました。
亡くなった恋人と同じ姿をしたロボット(近未来の精神療法?)との恋……物語なのでしょうか?

■警察官をはね、パトカーに衝を突繰り返した運転手に1発発砲【大阪】
このニュースを聞いた時は海外の出来事かと思ったのですが、まさかの日本。まさかの大阪……!
運転手側も日本国内ということもあって、まさか撃たれるとは思ってなかったのではないでしょうか?
職務質問からの逃走から全ては始まったようです。
つまりなんとしても捕まりたくない後ろめたい事情があったと。
同乗していた女性が覚醒剤を使用していたので、恐らく運転手も使っていたのではないかと思われます。

何はともあこういう人は捕まってくれてよかったです。
|映画 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |


■パシフィック・リム
総合評価:A
[内容]
唐突に現れた怪獣によってサンフランシスコ他が壊滅した。
6日かけて怪獣は倒され、それで終わりかと思われたが半年後に再び怪獣は出現。
「終わり」などではなく「始まり」であることを人類は知る。
人類は環太平洋防衛軍を設立し対怪獣兵器イェーガーを建造、これをもって迎撃に当たった。
イェーガーの登場で一時的に優位に立つ人類ではあったが、怪獣はどんどんパワーアップし出現周期が早くなるのであった。

[分類]
怪獣、巨大ロボット
|映画 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |


■映画
たまには映画館に行きたいなと思って上映中の映画を調べてみると、見事にみたいものがやっていない件。
くぅ……この劇場はっっ!!

何本か見たいものあるのですが、上映予定リストにも入っていない時点でもう駄目かも(^p^)
いいですよっ! 私にはレンタルがあるんですからああああああ!!

そしてレンタルできるようになった頃には映画のことを忘れて、冒頭に戻ってループしてる可能性。
テレビ放送される段階になってようやく思い出す、なんてことありませんか?
私はたまにあります。
そしてその頃には興味を失っているなんてことも幾度かありましたね(^^;

映画は観たいと思った時に観るのが一番ということでしょう。
テレビ放送版を録画してしまうと、アニメ消化とも被るため、後回しになってそのまま積まれて行くのですから。

いやはや、未消化映画もそれなりにHDDの肥やし化してきているのです。
ターミネーター4とか録画したのいつですか、状態ですし(^∀^;

■誤認逮捕! 防犯カメラの時間、実はずれていた!!【大阪】
ついにこの手の誤認逮捕をしてしまいましたか……!
というか、警察はカメラに表示されている時間をそのまま採用したと……??
すごく簡単なミスをやってしまいましたね。
犯行時刻って凄く重要だと思うんですけど、もしかして普段から「正確な時間」とのすり合わせを行っていなかったのではないかと不安になってきますよ。
警察の杜撰な捜査は治安に関わってくるので本当にビシッと教育してもらいたいものです。



また、大阪ですか……

■小6が仲間と友に原付運転で交通事故、頭を打ち重体に【兵庫/神戸】
小6で原付運転とは中々凄いですね……!
いや、まあ、原付くらいなら自転車の延長的な乗り物ではありますけどさ。

この原付の持ち主は誰だったのでしょうか?
家族なら、目を盗んで乗ること自体は可能だったと思いますけど、盗難されたものだとすると……。

はっきり言ってこの小6は自業自得だと思います。
無免許で信号無視ですからね……。素行がなんとなく見えてきます。
ある意味若いうちに事故ってよかったのでは、と思ってしまえるくらいです。

無事に退院できたとしても、今後は交通ルールくらい遵守するようになるのではないでしょうか?
無事に退院できなかった場合?? 先に言った通りに自業自得。私からはそれ以上なにもありませんよ。

これがただの自転車だったのなら、いろいろ思うこともあったかもしれませんけど、原付ではねえ……。
|映画 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |


■劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」

映画館では必ずパンフレットを買うのが私です。



劇場版の設定以外にも、アニメ版の設定も色々と載っていてそれなりの厚さがあるお得仕様。
……と私は感じたのですがどうでしょう?

この手の劇場版は適当なストーリーとご都合主義で成り立っていて、見終わってう〜んで終わるようなものだと思っていたのですが、意外とストーリーの芯はしっかりとしていたと思います。
伏線を大量にばら撒いて、うまく回収してますし。
ほら、シャットアウラの歌に関する部分が欠落してる理由とか。
ただキャラクター設定や、物語の根幹部分、最後どうやって助かったのかなどご都合が大量にあったのもまた事実。
この辺をもっと上手くまとめて欲しかったですね。
黒幕のあの人も、奇蹟の人もとあるの設定を逸脱した超常存在としか思えません。
いや、天使とか出てきてることを考えれば大したことないのかもしれませんけどさ!

倒すべき敵がハッキリしていないというのは実にグッド。
最初からラスボスが分かってしまうなんてつまらないじゃないですかー。
しかし、魔術サイドの追加キャラは本当にあんなに必要だったのかしら?
ステイルと神裂だけで十分だったような気もしますけど? 今後出てくるとは思えませんし?
四元素全部登場して豪華といえば豪華なんですけどさ!

けいおん!とかマクロスとかの影響を受けているのかも、と思いました。
90分中にキャラソンどれだけ詰め込んでるんですか……??
あと30分拡張して丸ごとライブでもすればよかったのに!!(ぇ

とあるの主要メンバーは超電磁砲サイドも含めて全員出ました。(出番の多い、少ないとはともかくとして)
レベル4のエアロハンドである婚后さんほか2名まで出てるくらいですし。
吹寄に姫神もちょこっと。ローラもセリフつきでちょっぴりw
そうそう、せっかくの劇場版なんですから一方通行さんにはもっとやる気を出して欲しかったですね!!

アリサは美琴と面識があるようなので、超電磁砲2期に登場する、という話は本当かもしれませんね。
とはいえ劇場版見てないとアリサというキャラが分からない、……ということはなさそうです。1話だけゲスト登場的な感じかなぁ?

エンデュミオンはあの時も、あの時もあったと上条さん言ってましたけど、アニメ版でありましたっけ?
それともあれはインデックスが完全記憶能力を持っているにも関わらず科学に興味がないゆえに頭に入ってない、ということを観賞している側に伝えたかっただけ??
超電磁砲Sでは一瞬だけ(美琴がレールガン使う直前)エンデュミオン映ってますけど……。

今回の劇場版を見て神裂さんを初めて凄いと思いました(ぉ
聖人聖人言われてますけど、原作やアニメだとなんだかパッとしない戦闘しかしてないんですもの。
ですがあの神裂さんを見ると聖人がどれだけ超越した存在なのかがよくわかりますね。

もしかすると黒幕さんのあれが魔術であるというのなら、イマジンブレイカーだけでなんとかなったのではないでしょうか?
そういう意味では闇咲逢魔をもっと哀れにしたような存在でしたね。。。
最後にはアレですし。
|映画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |


ついにエヴァQ観にいくことができましたーっ!
しかしあの劇場、ダメですね。
後ろの3列の席以外に座ると首が痛くなりそうです。。。
今度行くときはその辺り気をつけようと思います。

エヴァQのパンフレットは二種類あるようで、高い1,500円の方には設定資料的なものがくっついているようで。
今回は劇場の様子見も含めていたためポップコーンもドリンクもなし。
観察した結果ではポップコーンは一番小さいサイズ以外は手すりのところに置けないくらいに大きなサイズでした。
あんなにいっぱい一人で食べる人いるんですかっっ。

それにしてもエヴァQの中身赤すぎですよおおおおおお)`□´(
エヴァやアスカはともかく、真っ赤な海での作戦行動が結構長々続きますし、ネルフ本部も赤いですし、服も赤いですし、やっぱりアラート中も赤い、血もどばどば……。
私のような赤がだめな人にはかなり厳しい映像ばかりでした。。。

破からある程度時間が経過していることもあって、
ミサト、リツコ、マヤ、ゲンドウあたりは変化が激しいですね。

階級が1つあがってるミサトさん(葛城大佐)は服装も、指揮しているところもパワーアップしていてカッコよかったですよ!
TV版のミサトさんは正直、指揮官に向いているとは思えない無能っぷりを発揮していることもありましたけど、このミサトさんは違います! 全然別人に見えました。
そしてなぜかどこぞの議長ようにバイザーをつけているゲンドウ。これもまた新鮮でよかったですね。

<以下ネタバレが危険です>
続きを読む >>
|映画 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

12>|next>>

プロフィール
コメント
落書き倉庫


ブログパーツUL5